画像
修理・パーツ取付事例11

title

堺市のお客様、レグナムのオイル漏れ修理でご入庫いただきました。

レグナムのタペットカバーガスケット交換修理など

 レグナムのタペットカバーガスケット交換修理など

いろいろとオイル漏れが出てきて、一度確認してほしいとのことでご来店いただいたレグナムです。リフトアップすると確かにオイル漏れあり。上の方から漏れてきている?ということで、まずはタペットカバーのガスケットを交換。下回りをスチーム洗浄して、様子を見ていただくことになりました。

お客様の声 (堺市 40代男性 T.M様)
「まだまだこのクルマにのりたいと思ってて。古いクルマも診てくれそうな整備工場を探してました。整備してくれた整備スタッフの方も中々のお年の方で、キッチリ整備してくれたと思います。またトラブルがあれば、相談に来たいと思います。

モコのドライブシャフトブーツ・ブレーキランプ交換など

 モコのドライブシャフトブーツ・ブレーキランプ交換など

日曜日のオイル交換ご来店にてリフトアップした時に、ドライブシャフトブーツの破れを発見。お客様と一緒に確認していただき、交換させていただくことになりました。ドライブシャフトブーツは保安部品ですので、破れたままでは次回の車検に通りません。長くおクルマ乗るためにも、定期的に安全点検付きのオイル交換にお越しください。

お客様の声 (和泉市 30代女性 Y.H様)
「私自身クルマのことはわからないし、ましてやクルマを下から見ることもないです。オイル交換のついでに色々見ていただけるのはありがたいですね。次の車検も受けようと思ってるので、そのためにも早速ブーツ交換?をしてもらいました。早めにわかってよかったです。

R2のエンジンチェックランプ点灯、O2センサー交換など

 R2のエンジンチェックランプ点灯、O2センサー交換など

2017年2月から車検の合格基準が厳格化され、チェックランプが点いたままのおクルマは車検に通らなくなりました。エンジンのチェックランプ点灯でも多いのがO2センサー不良。今回はO2センサーを交換、故障診断機G-scan2でチェックし無事にチェックランプは消えました。チェックランプが点灯した場合は、お気軽に阪和自動車工業にご相談ください。

お客様の声 (堺市 50代男性 Y.O様)
「急にエンジンのランプが点いてビックリしたわ。まぁ大した事やないみたいやから、まぁひとまずは良かった。しかし今は何でもコンピューターでわかるんやな。そんなコンピューターも結構高いみたいやし、整備工場も金掛かるんやなぁ。

プロボックスのフロントガラス・ナビアンテナ交換など

 プロボックスのフロントガラス・ナビアンテナ交換など

フロントガラスの飛び石による破損は結構多いもの。ご自身が悪くなくても、石?は飛んできます。整備工場としては、できたら車両保険にご加入いただければなぁと思います。最近のおクルマは、ナビアンテナや自動ブレーキなども付いていて結構高額になりがちです。

お客様の声 (堺市 40代男性 T.K様)
「高速道路を走ってたらパシッ、パシッと嫌な音がして。クルマを停めてフロントガラスを見てみたら、結構なキズが入ってましたわ。でも車両保険には入ってたから、今回は助かりましたわ。来年ちょっと保険料は上がるやろうけど、まぁ仕方ないわな。

ギャランのエンジンチェックランプ点灯、スピードセンサー交換など

 ギャランのエンジンチェックランプ点灯、スピードセンサー交換など

エンジンチェックランプ点灯したということで、飛び込みでご来店いただいたお客様です。G-scan2でチェックしてみると、スピードセンサー異常が履歴に出てきました。スピードセンサーを交換、その後はおクルマの調子もいいようです。

お客様の声 (堺市 30代男性 K.M様)
「気軽に相談できる修理工場を探してました。ホームページを見てみると、色んな実例が写真つきで見られるのでなかなか楽しいですね。お店に行ったらすぐにクルマを確認してくれて、どこが悪いのか説明してくれたので納得できました。

メールでのお問い合わせはこちら

 メールでのお問い合わせはこちら

営業時間
月~土  8:30~19:30(整備受付は19:00まで)
日・祝 10:00~17:00(整備受付は16:30まで)

修理・パーツ取付の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!